【社交ダンス】おすすめ!背すじをピン!と 第1巻【漫画】

こんばんは!トビーです!

最近気になっていた漫画を
読んでみました。

漫画のタイトルですが、
「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜」

社交ダンスを題材にした漫画となります。
私自身も社交ダンスを少しかじっているため
以前よりずっと気になっておりました。

※この後はネタバレを含みますので
 ご注意下さい。

どんな漫画なの?

季節は春、鹿鳴館高校では新入生歓迎を兼ねた部活紹介が行われていた。その中でも特に注目を集めたのは競技ダンス部のパフォーマンスであった。新入生の土屋雅春は友人に釣られ、美人な先輩とのボディタッチというラッキースケベ目的で競技ダンス部の体験入部へと向かうことになる。既に部室前には同じ目的の多くの男子生徒が集まっていたが、そこに現れた競技ダンス部部長の土井垣真澄に脅かされて、捕まった土屋を残し全員が逃げ出してしまう。残された土屋は、体験入部を受けに来た新入生の中で唯一の女子である亘理英里と共に、土井垣と副部長の綾辻理央に迎えられて競技ダンスの世界へ足を踏み入れることになった。

背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜 – Wikipedia

あらすじは上記の通りです。

背すじをピン!と 1巻 を読んでみて

まずは主人公の土屋くん。ダンス部では
つっちーと呼ばれております。

よくありがちなダンスの才能に
あふれている大型新人というわけではなく、
ごくごく普通の男子高校生です。

この点がすごく感情移入できる点になります。
なんか親近感沸くなぁ~。

体験入部時にはまず立ち方を
教わっております。

・背すじを伸ばす
・背中をのけ反らせない
・体の軸を地面と垂直、まっすぐに
・肩を張らずに下げる
・横隔膜を引き上げてお腹をひっこめる

文字に起こすとすごく大変そう(笑)

ちなみにこれを見て、外を歩くときに
横隔膜を引き上げてお腹を引っ込める
トレーニングを始めました。

これ結構つらいっす。

そして、つっちーがいよいよ競技ダンス部に
入部しました!

一緒に入部したのが同じく新入生の
女子亘理(わたり)さん。

同じタイミングで入部ってフラグじゃないっすか!
絶対楽しいですよね!

今日もわたりさんに会えるから部活行こう!みたいな。
青春ですね!

そして、部活に入って最初に踊るダンスが
「ブルース」というものになります。

初心者がまず初めに習うことが
多いダンスという風に紹介されております。
私も最初はブルースから習いました。

ステップもそんなに難しくなく、
慣れてくると会話しながら踊れるように
なります。

4拍子のリズムにのって組んで踊ります。

劇中のつっちーみたく、最初は
女性と組むだけですごく緊張します。

ただ、踊れてくるとすごく楽しくなって
くるんです。

音楽にのって踊るということが
こんなに楽しいなんて!

正につっちーのように
この自分がダンスできてる…!
そんな気持ちになります。

おそらく社交ダンスをやっている人に
とっては懐かしい気分になるかと
思います。

そして、社交ダンスを始めようと
思っている人はこの漫画の1巻を
読むことによって、ちょっぴり
勇気が出るのではないでしょうか。

「私でも始めるのではないか」と。

実際に始めてみるのもいいかもしれませんね!
始め方や社交ダンスについては機会があれば
別記事で書いてみたいと思います。

競技会デビュー!?

ついに部長からブルースの合格をもらった
つっちーとわたりさん。

ここで先輩部員と部長との間で
試合の話が始まりました。

いずれ自分も試合に出ることになると
思っていたつっちー。
そこに部長からとんでもない一言が。

「あんたたちもいっしょにでるのよ試合」

まだ入部してから1ヶ月も経っていないのに
試合に出ることになるつっちーとわたりさん。

しかもブルースは試合で使えないとの一言。
試合は2週間後です。

なんという展開でしょうか。

そこで部長からの提案で、まずは試合に
出るための衣装を見に行くことになりました。

お店がなんと部長の実家(笑)

つっちーわたり組が出場するのが
スタンダードと呼ばれる種目となります。
有名どころですと「ワルツ」、「タンゴ」
などです。

スタンダードの場合、男性は燕尾服、
女性はヒラヒラがついているきらきらした
競技用ドレスを選びます。

男性は燕尾服一択なのに対して、
女性側のドレスの種類は無数にあります。

金スマで山本アナと市来さんが着ていたものを
想像してもらえるとわかりやすいかと思います。

私も燕尾服を着ていつか競技会に出てみたいなぁ。

衣装が決まった二人。

部長より試合用に「ワルツ」を教わります。

ワルツは3拍子の音楽合わせて優雅に
踊るステップです。

大事なのがライズ&フォール。
一歩目で体を沈ませて二三歩目で
体を上昇させるのがポイントです。

キレイにライズするためにつま先立ちで
特訓をするつっちーとわたりさん。

つっちーは3秒ともっていませんでした(笑)

わたりさんは余裕でできております。
つっちーがんばれ!

部活終了後に公園で自主練している
わたりさんを見つけるつっちー。

そして一緒に練習を始めるのでした…。

まとめ

第1巻を読み終えて、ダンスを始めた頃の
記憶が蘇って感情移入しながら
読み進めることができました。

それとつっちーとわたりさん青春ですね!
ラブコメ要素は増えていくのかな?

第2巻目がすごく楽しみです!
また読み終えたら感想書こうと思います!